特別審査員

広告そのものの価値と、ウェブ広告におけるPR的な側面や口コミに代表される
「生活者目線」も評価するため、
それぞれ見識の深い3名に審査員となっていただいた。

デジタル広告大賞

青山商事株式会社
ユニバーサルランゲージ

純広告部門

バナー広告など、講談社のウェブ媒体に広告主によって掲出される広告が対象。
長期間にわたるシリーズや体裁の工夫なども評価の対象。

株式会社ナイキジャパン

    • 商品サービス名

      NIKE FOOTBALL
      FLOODLIGHTS PACK

    • メディア名

      ゲキサカ

    審査員からのコメント

    「唐突に掲載される印象ではなく媒体の世界観にうまく馴染んでいる」

    「年間を通して継続的に読者に訴えているところも評価のポイント」

ライカカメラ
ジャパン株式会社

    • 商品サービス名

      ライカM10

    • メディア名

      FORZA STYLE

    審査員からのコメント

    「高級なカメラという商品は広告を出す媒体が意外にない」

    「商品のブランドと雑誌のブランドがうまく合致している印象」

タイアップ動画部門

タイアップ広告のうち、広告主とその商材やサービスについて、講談社の各ウェブ媒体が
動画を制作する形を主とする広告企画が対象。

株式会社アガツマ

    • 商品サービス名

      ラブあみ 基本セット

    • メディア名

      ボンボンTV

    審査員からのコメント

    「これはもう、楽しい!の一言です」

    「コンテンツになっているので広告とは気づかずに楽しめます」

アンファー株式会社

    • 商品サービス名

      スカルプD

    • メディア名

      FORZA STYLE

    審査員からのコメント

    「広告において商品特性だけで文脈をつくるのは意外に難しい」

    「商品にあらたなコンテクストを付加する有意義な取り組みといえる」

タイアップ総合部門

広告の掲出のみならず、商品の開発や店頭での展開、読者参加のリアルイベントの実施、
複数の媒体を横断するなど複合的な仕組みの企画が対象。

青山商事株式会社
ユニバーサルランゲージ

    • 商品サービス名

      「超・最強スーツ」

    • メディア名

      FORZA STYLE

    審査員からのコメント

    「10日間で完売する商品をつくりあげた」

    「コンテンツ制作力は雑誌メディアが持つ強みだ」

サッポロビール株式会社

    • 商品サービス名

      サッポロラガービール

    • メディア名

      現代ビジネス/
      FORZA STYLE/おとなの週末

    審査員からのコメント

    「出版社のコンテンツ制作力の活用事例といえる」

    「セギュメントされたオウンドメディアは今後の時代の流れに合っている」

トヨタ自動車株式会社

    • 商品サービス名

      TOYOTA GAZOO Racing WOMAN

    • メディア名

      itLIFE by FRAU

    審査員からのコメント

    「女性にモータースポーツを訴求するという難易度の高い企画である」

    「実際にBライセンスを30人が取得するという読者の体験が画期的でユニーク」

ユニ・チャーム株式会社

    • 商品サービス名

      センターイン

    • メディア名

      NET ViVi

    審査員からのコメント

    「生理用品というブランドスイッチが起こりにくいカテゴリーで理由づけに成功」

    「viviのブランド力や特性をうまくリバレッジ効かせて活用したタイアップ」

第一回 講談社デジタル広告大賞デジタル広告の
今後について

pagetop